インプラント治療時の麻酔の方法

インプラントと言えば歯茎を切って、顎の骨にインプラントを埋め込むというもので、考えただけで恐ろしい感じがします。実際には麻酔の方法としては抜歯の時に使用する歯科用の麻酔を、主に電動注射器を使用してごく少しづつ注射していくのでほとんど痛みは感じません。しかし機械や器具を使用するときの振動は伝わるので不安の強い人もいます。そういう人に対しては点滴で行う静脈内沈静や鼻から笑気ガスを吸う笑気吸入沈静などを行い不安を和らげます。手術時のように完全に意識をなくするものではなく、薬の量を調整し、ゆったりとした状態で治療ができるようにしたものです。

インプラントの麻酔について

インプラントの手術は局所麻酔を用いて行うため、手術後にすぐに自宅に帰ることができます。手術のために必要な時間が短く、仕事などに影響を与えることなく治療をすることができるため、たくさんの人が治療を受けやすくなっています。インプラントの手術の影響で、痛みが残ることが短いため、麻酔が切れてからは内服薬だけで痛みのコントロールをすることができます。3日間くらい内服薬を飲むだけで薬などを使わなくても大丈夫な状態に戻ることができるため、体に悪い影響を与えることがほとんどなく、安心して手術を受けることができます。

↑PAGE TOP